鏡を壁美人で取り付ける方法をご紹介!石膏ボードでも大丈夫!

我が家では玄関にニトリの立て掛け鏡を設置しています。初めは玄関の壁に立て掛けて使用していたのですが、狭い空間で立て掛けた鏡だと角度がついて全身が見えにくく、壁に掛けることにしたのですが、壁は石膏ボード、鏡の重さは7キロ。でも壁には穴は開けたくない。ということで、巷で有名は「壁美人」を使用して設置しました。今回は壁美人での鏡の取り付け方についてご紹介します。

対荷重12kg!?石膏ボード専用金具「壁美人」とは

壁美人とは石膏ボードにホチキスで固定する専用金具のことです。金具の上に透明な専用金具を当てて、その上からホチキスで留めていきます。たったこれだけれ12kgの対荷重があります。壁にはホチキスの小さな穴だけなので、取り外した後もあまり目立ちません。

購入した鏡「ニトリの飛散防止加工立てかけミラーアルブル」について

出典:www.nitori-net.jp

シンプル・モダンな立てかけ専用ミラー。価格は4,621円。写真だと分かりにくいですが、かなりどっしりしています。木もプリント合板ではなく、タモ材の突き板なので高級感があります。重さが7キロもあるのでかなり重く、サイトにも「※本品は立てかけ専用です。床に設置した状態でご使用ください」「※壁付けでのご使用はできませんのでご注意ください」と記載があります。でも壁美人で設置してしまいました。設置してから半年以上経ちますが特に異常はありません

■サイズ(約):40×150×厚さ5cm
■梱包サイズ(約):幅156 x 奥行45 x 高さ7cm
■転倒防止用ひも付属

壁美人での設置方法について

1.まず鏡を設置する位置を決める

まず鏡を設置する位置を決めます。私の場合は対荷重が心配だったので12kg支えられる壁美人を2つ使用しました。この鏡は7kgなので壁美人1つで十分なのですが念の為(笑)。付属の紐を既存の金具に結び付けて、白い四角の位置に掛けるイメージで、どこに壁美人を付ければ狙った位置に鏡が設置できるかをシュミレーションします

2.壁美人をホチキスで留めます

壁美人を留める位置が決まったら、狙った位置に留めるために壁美人をマステで仮止めしてからホチキスを打ち込んでいきます。ここが最難関!ゆっくり打ち出すのではなく、躊躇いなく勢い良く瞬発的な力を入れるイメージで力一杯打ち込みます。少しでも躊躇すると芯が曲がって失敗します。私も設置が終わった後には相当数の打ち損じホチキス針が床に散らばっていました。ちなみに斜めに留めているのは強度を高めるためです。

壁美人推奨ホチキスはコレ!

壁美人の設置で推奨されているホチキスは「マックス ホチキス ホッチキス 20枚とじ HD-10D」。180°開くホッチキスの中でもダントツの打ちやすさです。30°の角度を取りやすくする[ホッチキスガイド]がありますが、このHD-10D専用に作られています。壁美人を使うならまず用意したいアイテムです。私もコレを使用しました。

3.鏡の裏にスペーサーを噛ませます

鏡は付属の紐を解けにくい結び方で結び、壁美人に吊り下げますが、このまま取り付けると、壁美人で上部が浮いている分、鏡の下の方が壁側に傾き斜めになってしまうので、鏡の下の部分にスペーサーを段ボールで適当に作って貼り付けたら完成です。(木片でしっかり使ってもいいですが、裏側で見えないので傾きが気にならないように段ボールを重ねて作る程度でいいと思います。)

4.完成

満足いく位置にしっかりと壁掛け出来ました。壁美人もホチキスで留めてるだけなのに全くビクともしない安定感。紐を壁美人1点じゃなく、2点で支持してるので傾くこともありません。もし取り外してもホチキスの穴しか残らないので賃貸でも使えておすすめです。

最後に

今回は壁美人での鏡の設置方法についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。難しいのはホチキスを留める力加減だけで、比較的簡単に取り付けが可能です。もし鏡の壁掛けでお悩みの方の参考になると嬉しいです。最後までお読みいただきありがとうございました。

Instagram FOLLOW ME !!

Instagramでは、インテリアについてや購入した物のレビュー、整理整頓や収納についてなど、生活に関わるさまざまな情報をほぼ毎日更新しています。基本的にInstagramで投稿した内容を、このブログで詳しくまとめ直していきますので、ぜひInstagramもフォローお願いします。

この記事を書いた人

JK DECOR

TOKYO | DESIGNER | ART DIRECTOR
インテリア好きのグラフィックデザイナー38歳。夫婦二人、40年越えの築中古マンションをリノベーションして暮らしています。家具、家電、食器、雑貨、収納など、好きなものを気ままに綴ります。オリジナルのアートポスターをデザインしてオンラインストア「MONOKHROME」にて販売中。下のウェブサイトボタンよりアクセスください。