象印加湿器のクエン酸洗浄のコツは連続洗浄!【カルキ汚れが取れない人必見】

今大人気の象印の加湿器。最近は毎年発売されてもすぐに売り切れて値段が高騰する傾向にあります。売れてる理由は「お掃除の手軽さ」、つまりメンテナンスがとても簡単だから。お掃除方法もポットと同じくクエン酸を入れてクエン酸洗浄モードのボタンを押すだけです。ただ、そのクエン酸洗浄では頑固にこびり付いたカルキ汚れが落ちないケースもあります。今回は象印加湿器をクエン酸洗浄モードでタンク内の頑固なカルキ汚れを完全にピカピカにする方法をご紹介します。

プロフィール写真
JK DECOR

意外と1度のクエン酸洗浄では綺麗にならない!という意見があったので今回記事化しました。この方法なら確実に綺麗にできます。

象印加湿器がクエン酸洗浄で落ちないケースとは

通常はクエン酸洗浄一度で問題ありません。ですが落ちないケースがあります。それは「汚れを溜め過ぎてる場合」です(笑)この場合、一度では落ちきらずに底にカルキ汚れが残ってしまう事があります。

プロフィール写真
JK DECOR

私も1シーズンで1-2回しかクエン酸洗浄をやらないので結構カルキ汚れが底にガチガチに固まってる状態です。しかも「もらいサビ」と呼ばれる水道水に含まれる鉄分がサビとして付いてしまう状態にもなっていたりします。

その場合におすすめの方法があります。

落ちないカルキ汚れには「連続洗浄」がおすすめ!

溜め過ぎてしまって落ちない汚れにおすすめの方法が「連続洗浄」です。方法は簡単。クエン酸洗浄が完了したら、その状態でもう一度「クエン酸洗浄モードボタン」を押して、もう一度かけるだけ。1度のクエン酸洗浄では落ちなかった頑固なカルキ汚れやもらいサビも連続洗浄で綺麗になります。

プロフィール写真
JK DECOR

私は通常のクエン酸ではなく、象印が発売している内部洗浄用のクエン酸「ピカポット」を1袋使っているのですが、これを1度で捨てるのは勿体無いので汚れがそんなにたまっていなくても2回クエン酸洗浄してから捨てています。

連続洗浄のやり方

加湿器にピカポットと40度のお湯(沸騰させる時間を短縮させるため)を入れてクエン酸洗浄モードボタンを押します。
クエン酸洗浄の終了ブザーが鳴ったらもう一度クエン酸洗浄モードボタンを作動させます。
再度クエン酸洗浄の終了ブザーが鳴ったら、中身が冷めるまで放置します。
最後にシンクに水と一緒に剥がれたカルキ汚れを流して捨てます。
タンク内に剥がれたカルキ汚れが溜まっている場合があるので何度か濯いで、完了です。

カチカチだったカルキ汚れはドロドロになってポットの底に溜まった状態なので、濯ぐだけでは取れない場合があるので、内部を傷つけない柔らかいブラシでこそぎ落としてください。それから水の排出口にドロドロのカルキ汚れが溜まっていると思うので、綿棒で綺麗に取り除いてください。

プロフィール写真
JK DECOR

私はいつもこの方法でクエン酸洗浄をやっているので、タンク内は新品のようにピカピカです。1度で捨てるのは勿体無いので2連続洗浄、それでと心配な方は3連続洗浄してもいいかもしれません。

最後に

今回は象印加湿器をクエン酸洗浄モードでタンク内の頑固なカルキ汚れを完全にピカピカにする方法をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。今までいまいちカルキ汚れが落ちきってなかった方は、ぜひ連続洗浄を試してみてはいかがでしょうか。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ブログランキング

この記事が参考になったら、応援クリックをお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いた人

アバター

JK DECOR

TOKYO | DESIGNER | ART DIRECTOR
インテリア好きのグラフィックデザイナー39歳。夫婦二人、40年越えの築中古マンションをリノベーションして暮らしています。家具、家電、食器、雑貨、収納など、好きなものを気ままに綴ります。オリジナルのアートポスターをデザインしてオンラインストア「MONOKHROME」にて販売中。下のウェブサイトボタンよりアクセスください。

LIVINGSKAPE SELECT

絶対に後悔させない!私が実際に購入して使い続けているアイテムから厳選した自信を持っておすすめするアイテムをご紹介します。