【評判や口コミは嘘?】ジョセフジョセフのクラッシュボックスをおすすめしない5つの理由

ジョセフジョセフのクラッシュボックスを2年間使ってきて、最終的に現在は手放して、シンプルヒューマンのゴミ箱を使っています。なぜ手放したのかは色々理由があるのですが、今回はなぜジョセフジョセフのクラッシュボックスを手放したのかについて、その理由を5つご紹介したいと思います。

【理由1】1/3に圧縮することができない

公式サイトではゴミを1/3サイズにまで圧縮ができるので、クラッシュボックスは30Lサイズでも90Lものゴミを収容するのとが可能とあるのですが、私の実感値としては殆ど潰れないのと同じくらいの感じです。

なぜなら、家庭ゴミ、特にキッチンから出るゴミは生ゴミやビニール、スチロールトレイなど反発力のある素材が多いですよね?紙物であればハンドルでゴミを押し込んで潰したらそのまま圧縮された状態になりますが、キッチンゴミは反発力があるので、ハンドルを引き上げた際に一緒に膨らみ、ほぼ元の位置まで戻ってしまいます。

底の方にビニールゴミや一般ゴミ、表面に新聞をゴミとして入れています
体重を掛けて思いっきり圧縮します
ハンドルを元の位置に戻すとほぼ元の位置までゴミが戻ってきてしまいました
プロフィール写真
JK DECOR

ハンドルを押し込む際は中の空気が抜けて潰れますが、引き戻す際にポンプのように外の空気を中に吸い込んでしまうため、反発力と引き戻された空気で元の状態に近い位置まで戻ってしまうものと考えられます。

【理由2】30Lはキッチンゴミ箱としては小さい

左が30Lのクラッシュボックス/右が45Lのシンプルヒューマンレクタンギュラーステップカン

ゴミ捨てって面倒なので出来るだけ回数を減らしたいですよね?クラッシュボックスを選ぶ人は、出来るだけゴミ箱に沢山のゴミを収容してゴミ捨ての回数を減らしたい、という人が購入すると思いますが、前述の殆ど圧縮されないということになると、ただの30Lのゴミ箱になってしまいます。30Lはキッチンゴミ箱としてはそんなに大きい方ではないのであっという間に一杯になってしまいます。

プロフィール写真
JK DECOR

さらに30Lサイズなのにゴミ箱の大きさは45Lサイズと同じくらいの大きさがあります。それであれば45Lサイズのゴミ箱を購入した方がいいと思います。

【理由3】単純に壊れやすい

壊れて折れてしまったクラッシュボックスのギアらしき部品

私の場合2年間使用する中で2回壊れました。壊れた箇所は同じ部分で、ペダルと連動して蓋を開くための装置部分。1回目はダンパーのように蓋がゆっくり閉まる仕様のはずが、届いて1週間で「バタン!」と閉まるようになりました。2回目は掃除のタイミングでゴミ箱を横にずらして元に戻しただけで本体底面のギアが割れてしまい、蓋が開かなくなりました。クラッシュボックスは10年補償があるので無料で交換してもらえるのですが、交換品は1ヶ月近く来ないこともあり、その間はゴミ袋に直接捨てるという生活になりました。

プロフィール写真
JK DECOR

多分蓋と連動する機構が少し弱いのか、その部分が壊れやすいです。交換してもらえるからいいものの、クラッシュボックス自体がクラッシュしてしまっては困ってしまいます。

【理由4】ゴミ捨ての際にハンドルが外れる

このハンドルがゴミ袋と一緒に外れてしまいます

クラッシュボックスは中のゴミを押し潰すために可動式のハンドルが内部に付いているのですが、これは上に引き上げると取り外しができます。掃除したり、メンテナンスしやすいようにだと思うのですが、これがゴミ捨ての際に外れます。中にたくさんゴミを入れた時ほど外れやすいです。

プロフィール写真
JK DECOR

ゴミ袋を引き上げる時に、ゴミ箱の口よりも中のゴミ袋の方が大きくなってしまうと、ハンドルも一緒に袋に付いてきて外れてしまい、これが頻繁に起こるのでなかなかストレスでした。

【理由5】ペダルを踏んだ際の本体のガタつき

ペダルを踏むと本体が手前に傾きます

大抵ゴミ箱って壁沿いに置くと思うのですが、クラッシュボックスはペダルを踏むと本体が前方に傾き、離すと壁に軽くぶつかるような感じになります。裏面に取っ手のようなものがあり、これが毎回壁にぶつかるので、繰り返す内に壁紙に傷がついてしまいました。

プロフィール写真
JK DECOR

少しのがたつきも毎回少しでも壁に当たればいずれ壁紙は傷んでいきます。ペダルを踏んだ時の安定性もとても重要だとわかりました。

おすすめは「シンプルヒューマン」のゴミ箱

クラッシュボックスを手放して新しく買い直したのがシンプルヒューマンのレクタンギュラーステップカン。価格もクラッシュボックスとほぼ変わりません。大きさはクラッシュボックスよりも小さいのに、容量は15ℓも多く、ペダルも軽くゴミ捨ても楽。クラッシュボックスではなく、初めからこちらにしておけば良かったと思ってしまうほど、キッチンにおすすめのゴミ箱です。

クラッシュボックスとの比較記事はこちら。

最後に

今回はなぜジョセフジョセフのクラッシュボックスを手放しなのかについて、その理由を5つご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。初めはかなり引きのある魅力的な圧縮機能に惹かれて購入しましたが、その圧縮があまり効果をなさないと分かると、クラッシュボックスの魅力は半減します。実際にお店で見てみたり、試したりしてから購入することをおすすめします。ちなみに私は今はシンプルヒューマンのゴミ箱を使っています。シンプルヒューマンとジョセフジョセフの比較レビュー記事もありますので良かったらご覧ください。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ブログランキング

この記事が参考になったら、応援クリックをお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事を書いた人

アバター

JK DECOR

TOKYO | DESIGNER | ART DIRECTOR
インテリア好きのグラフィックデザイナー39歳。Instagramフォロワー7万人。夫婦二人、40年越えの築中古マンションをリノベーションして暮らしています。家具、家電、食器、雑貨、収納など、好きなものを気ままに綴ります。オリジナルのアートポスターをデザインしてオンラインストア「MONOKHROME」にて販売中。下のウェブサイトボタンよりアクセスください。

LIVINGSKAPE SELECT

絶対に後悔させない!私が実際に購入して使い続けているアイテムから厳選した自信を持っておすすめするアイテムをご紹介します。