観葉植物の水やりのタイミングが分かる「サスティー」について

我が家の観葉植物のひとつ、シェフレラの株元に差している水やりチェッカー「サスティー」。大型の観葉植物を育てる際は必ず使います。

小型の観葉植物の場合は、鉢を持ち上げた時の重さで水やりが必要かどうか判断していますが、大型の場合は持ち上げても重さの違いを感覚で判断するのがとても難しいです。水やりの判断基準として「土の表面が乾いたら」とよく言われますが、表面が乾いていても実は鉢の中心の土は結構湿ってることが多いので、その状態で水やりを繰り返してしまうと根腐れを引き起こす可能性があります。

でもサスティーを差しておけば、表面の乾き具合は目視で判断、土中の乾き具合はサスティーで判断、と判断基準が一つ増えるので正確性が上がります。

以前は土の表面をココナッツファイバーでマルチングしていたので土の様子が見えなかったのですが、今回はインテリア的には素敵ではないですが、土の表面は覆わずに見えるようにして水やりのペースを掴んで、根腐れさせないように育てていきたいと思います。

ブログランキング

更新の励みになります!応援クリックをお願いします

  にほんブログ村 インテリアブログへ

Instagram FOLLOW ME !!

Instagramでは、インテリアについてや購入した物のレビュー、整理整頓や収納についてなど、生活に関わるさまざまな情報をほぼ毎日更新しています。基本的にInstagramで投稿した内容を、このブログで詳しくまとめ直していきますので、ぜひInstagramもフォローお願いします。

この記事を書いた人

JK DECOR

TOKYO | DESIGNER | ART DIRECTOR
インテリア好きのグラフィックデザイナー39歳。夫婦二人、40年越えの築中古マンションをリノベーションして暮らしています。家具、家電、食器、雑貨、収納など、好きなものを気ままに綴ります。オリジナルのアートポスターをデザインしてオンラインストア「MONOKHROME」にて販売中。下のウェブサイトボタンよりアクセスください。