【一挙紹介】我が家の照明をすべてご紹介します!

今回は我が家の天井照明、スタンドライトやテーブルライトなど、使用している全ての照明をまとめてご紹介します。オンラインで購入できる商品についてはリンクも貼っておりますので、ぜひご覧ください。

リビングのスタンドライト

コンランショップのクロスフロアライト。約5万円、足はオークとウォルナットから、シェードはホワイトとブラックから選んで組み合わせられます。我が家はウォルナットにホワイトシェードです。コンランショップ公式オンラインショップから購入することができます。

TVボード上の四角いテーブルランプ

10年以上前に買ったフロスティブロックランプ。5000円くらいだった気がします。この形のものはもう売っていないみたいで、ちょっと縦長にデザインが変わったものが今は販売されているみたいです。

TVボード上の丸いテーブルランプ

これも10年前くらいに買ったFrancfrancの3000円くらいのランプ。もう底の部分がバリバリに割れているのをテープで留めて強引に使っています。シンプルな丸いライトはスタイリングで色々見せ方を変えられるので便利です。同じものはもう販売していないようなので、似ている商品リンクを貼っておきます。

リビングのシーリングライト

PanasonicのHH-LC962Aの18畳用。シンプルなデザインで厚みも無く、色温度や光量もリモコンで調節可能。これももう廃盤になっていましたが最新の商品リンクを貼っておきます。

リビングのダクトレールの電球

ダクトレールに付ける電球は全方向タイプがおすすめ。下方向のみを照らすタイプだと、天井が暗くなってしまいとてもくらい印象になってしまいます。アイリスオーヤマのLDA8L-G-E17/W-6T5は、低価格にも関わらず、しっかり明るく全方位を照らしてくれるので、天井までしっかり明るくなります。ダクトレールに付ける照明として一番おすすめです。

リビングキャビネット上のシェードランプ

無印良品で購入したスチールスタンドタイプ。シェードと合わせて1万円くらい。ホテルライクな見た目とシンプルなデザインで置く場所を選びません。現在も公式オンラインショップで販売中です。

キッチン上のペンダントライト

IKEAのヘクタル22cm。1つ4000円。安いのに高見えして、海外っぽい雰囲気がお気に入り。キッチン上の照明は油で黄ばみやすいので汚れの目立ちにくい色がおすすめです。公式サイトから現在も販売中です。

観葉植物を照らすアッパーライト

大きな観葉植物の周りはどうしても暗くなります。おすすめなのは鉢の下から真上に向けてアッパーライトを当てること。そうすることで鉢の周りが明るくなると同時に天井も明るくなり、更に観葉植物もコントラストがはっきりしてとても立体的に美しくなります。おすすめです。

書斎横キャビネット上のシェードランプ

O’thentique(オーセンティック)というブランドのシェードランプ。4万円くらい。7年前くらいに流行っていたのか色んなお店で見かけて気に入って購入しました。最近はどこで売ってるんだろう。。。たまにメルカリに出品されていたり、似たようなデザインがニトリで売ってたりします。

書斎のデスクライト

アルネヤコブセンのAJライトのジェネリック。本物は10万円位しますが、これは2万円。とにかくデザインが素敵。でも点けることは殆どありません笑楽天ルームに掲載しています。

寝室のペンダントランプ

IKEAのスィネリグ。9000円。特徴の無い寝室を変えたくて設置。これを付けるだけでちょっと海外っぽい雰囲気に。高見えするのに1万円以下で、さすがIKEA。網目越しの光なので明るさはそんなに出せません。現在もIKEA公式オンラインショップで販売中。

寝室のベッドサイドライト

これもIKEAのヘクタル。2500円。角度が変えられるので壁に当てるように照らせば直接光源が目に入らないので寝室にぴったり。壁にねじ穴を開けたくなかったので、先日紹介したJフックで取り付けています。Jフックは楽天ルームに掲載中。ヘクタルは現在もIKEA公式オンラインショップで購入できます。

最後に

今回は、我が家の照明を全てご紹介しましたら、いかがだったでしょうか。こうしてまとめてみるとIKEA多いですね笑やっぱり価格とクオリティのバランスが絶妙なのでつい選びがちになってしまいます。これから引っ越しを控えた方、新居を購入された方の参考になると嬉しいです。最後までお読みいただきありがとうございました。

こちらの記事もおすすめ

Instagram FOLLOW ME !!

Instagramでは、インテリアについてや購入した物のレビュー、整理整頓や収納についてなど、生活に関わるさまざまな情報をほぼ毎日更新しています。基本的にInstagramで投稿した内容を、このブログで詳しくまとめ直していきますので、ぜひInstagramもフォローお願いします。

この記事を書いた人

JK DECOR

TOKYO | DESIGNER | ART DIRECTOR
インテリア好きのグラフィックデザイナー38歳。夫婦二人、40年越えの築中古マンションをリノベーションして暮らしています。家具、家電、食器、雑貨、収納など、好きなものを気ままに綴ります。オリジナルのアートポスターをデザインしてオンラインストア「MONOKHROME」にて販売中。下のウェブサイトボタンよりアクセスください。