ベッドルームとリビングの位置関係について

家探しの条件で譲れなかったものの1つ。それはリビングルームと引戸で区切られた位置関係に寝室があること

子供が居ればまた事情が変わるかもしれませんが、夫婦二人だとこの方が都合がいいのです。仕事で疲れている時や体調の悪い時、ただダラダラとスマホを見たい時に二人のどちらかがベッドにいる事は多々あります。

そんな時にリビングドアで仕切られ、廊下の向こうのベッドルームだと会話も出来ないし、リビングルームにもベッドルームにもテレビやエアコンなどを揃える必要があり、今の環境だとあんまりメリットがありません。

先に眠る時、若干音が気になりますが、私の場合は同じ空間にいるということが大事なのでそんなに気にしていません。ちゃんと寝れます。でもどっちかがインフルエンザとかになったら、絶対に感染るとは思います笑

ブログランキング

更新の励みになります!応援クリックをお願いします

  にほんブログ村 インテリアブログへ

Instagram FOLLOW ME !!

Instagramでは、インテリアについてや購入した物のレビュー、整理整頓や収納についてなど、生活に関わるさまざまな情報をほぼ毎日更新しています。基本的にInstagramで投稿した内容を、このブログで詳しくまとめ直していきますので、ぜひInstagramもフォローお願いします。

この記事を書いた人

JK DECOR

TOKYO | DESIGNER | ART DIRECTOR
インテリア好きのグラフィックデザイナー39歳。夫婦二人、40年越えの築中古マンションをリノベーションして暮らしています。家具、家電、食器、雑貨、収納など、好きなものを気ままに綴ります。オリジナルのアートポスターをデザインしてオンラインストア「MONOKHROME」にて販売中。下のウェブサイトボタンよりアクセスください。